生徒の高まる不登校率

学校の捉え方と対応の仕方とは

学校の捉え方と対応の仕方

近年では小中学校の児童や生徒の不登校率が高まっています。それはネットの発展や変化から、適応できない子供が増えているからです。親として対応に困ってしまう案件の一つではありますが、こういうときこそ冷静に考えて対応してあげることで子供の将来に繋がります。そしてその子供にとっては、不登校というのは自分が登校したくないという気持ちを無視することは出来ないながらも、学力や社会力の低下によって、さらに焦りを感じてしまうのが現状です。子供にとっては学校というのは大きな社会ですが、その社会から逃れてしまっても安定した生活を送ることが出来るということをまずは感じて貰うことが大切です。適度にリラックスさせ、勉強も家である程度出来る環境を作ってあげましょう。

不登校になった児童生徒への対処

何らかの事情で学校に登校できなくなった状態が不登校です。以前は登校拒否という言葉も使われていましたが、現在は一般的ではなくなりました。原因はさまざまで、明確な理由がないことも少なくありません。いじめ、学業不振、体調の悪化など、幾つかの要因が重なっているケースもあります。自分の子供が不登校となった場合は、最初は担任の先生に相談することをおすすめします。1週間程度で再登校できるようになればあまり心配はありませんが、長期化するようであれば学校と保護者で対策を立てて、登校支援プログラムなどの実施も視野に話し合いを進めていくことになります。子供の気持ちに寄り添って、長い目で見た支援を行っていきましょう。

↑PAGE TOP